研究参加者募中

強迫症に対する認知行動療法

研究について

 千葉大学は,強迫症に有効な認知行動療法を実施できるカウンセラーを増やすために,テレビ会議システムを利用した専門家による指導の有効性を研究しています。

​ こころの相談室UPは,この研究に積極的に参加したいと考えており,強迫症に対する認知行動療法を受けてくださる方を募集しています。

水神社の風景

​研究対象とお願い


 研究対象は,強迫症に対する認知行動療法を受けてくださる方ご自身ではなく,カウンセリング実施者である,こころの相談室UPになります。

 強迫症に対する認知行動療法が適切に実施されているかを検討する研究であるため,セッション録音のご許可をよろしくお願いいたします。

 千葉大学と協議したうえ,臨床研究の対象にあてはまらない場合や定員を超えた場合はご参加いただけないことや,研究がはじまるまでお待ちいただくことがございます。あらかじめご了承ください。

川いかだボート

ご協力してくださる方へ

  1. お申し込みをいただいてから,2~3週間お待ちいただく場合がございます。

  2. セッション録音のご許可をよろしくお願いいたします。

  3. セッションの頻度は,1セッション50分が毎週(もしくは隔週)になります。

  4. ご参加のお礼として,セッションの料金を値下げさせていただきます(4500円→3000円)。

  5. ​千葉大学から研究参加の同意書が郵送されますので,必要事項をご記入のうえ,ご返送をよろしくお願いいたします。

  6. ​精神科・心療内科に通院中の方は,主治医の許可が必要になります。

リバーボートパドル